MT4をビデオ代わりに使う

MT4にはEA(Expert Advisor)という動作マクロが装備されおり、
ある条件を満たしたらある動作を行う。と言うことを組み合わせて
自動売買システムを作ることができます。

また、そのようにして作ったEAの動作確認のために
StrategyTesterというものも装備されています。
これはMT4が稼働している時に自動で累積したデータを用い、
より本物の相場の動きに即した動きを再現するための機能です・・・が、
そうです。頭の良い人はもう気がつきましたね。
これを用いると、過去の値動きを再現する事ができるわけです。

では早速その方法です。

1.MT4上部メニューの表示でstrategy testerを選びます。
ボタンが見当たらない場合は、メニューバー中の
[表示(V)]→[StrategyTester]を選択します。

6a0120a8dc0aac970b01310fe2cbe1970c-800wi

2.tester画面のExpert Advisorで何か適当に選びます。
いたずらに動作の重いEAを使うより、MT4に標準装備のMAやMACDなどを使うのが良いです。

6a0120a8dc0aac970b0133ec3bf2d5970b-800wi

3.好きな通貨ペアと見たい時間足を設定します。

6a0120a8dc0aac970b01310fe22ed8970c-800wi

4.「EveryTick」を選んで下さい。
TickというのはTickチャートにも使われているように
売り買いのたびに発生する細かい値動きのことですが
これを選ぶことで一番値動きが細かく再現されます。
また、その右横の方にある「Optimization」の☐のチェックは、はずして下さい。

6a0120a8dc0aac970b01310fe234c0970c-800wi

5.日付と時間を使用にチェックを入れ、確認したい期間を設定します。
[送信者][宛先]は再現する期間になります。(英語でなら [From~]と[~To]なので)
なお、あまり長い期間を入れるとデータ量が増大し、動作しなくなることもあります。

6a0120a8dc0aac970b0133ec3c068c970b-800wi

6.Visual modeにチェックを入れてから、
strategy tester窓右側にある[スタート]を押すと、新しくチャートが作られます。

6a0120a8dc0aac970b0133ec3c578c970b-800wi

7.新しく出現したチャートのティックが動いているのが解ると思います。
また、チャートには通貨ペア名に加え、時間足名(Visual)と表示されていると思います。
しかしこのまま(標準のバーチャート)ではとても見にくいと思うので
好きなビューに改造するか、定型チャートを呼び出し普段のビューにします。

8.Visual modeの右側にある一時停止ボタン(||)を押して、
好きなテクニカル分析をチャートに追加します。
9.その後再生ボタン(>>)を押すと チャートが再生され、
テクニカルも合わせて更新されていきます。
10.再生スピードもボタンの横にあるバーで設定する ことができます。

6a0120a8dc0aac970b0133ec421cc0970b-800wi

こうなるとほとんどビデオですよね。
コマ送りしたりリピート再生したりできます。
これを使えば、相場の動いていない土日にもトレードの練習をしたり、
過去の指標発表時にどのような値動きをしたかを再体験したり、
自作EAや他所より入手のEAの動作検証等に使えます。
(↑って、これが本来の使い方です。(^^;)

私が敬愛するロブ・ブッカーさんお勧めのソフトに
「ForexTester」と言う、過去の値動き再現ソフトがありますが
1ライセンス150$と言う高額ソフトです。
(まぁ、真剣に使えばきっとモトは取れます)
無料でこのまねごとができるなんてすごいと思いませんか?

以上、MT4をビデオにしてしまう意外な使い方でした。

Leave a Reply

*