当ブログについて


当ブログについて


当ブログ(FX_勝てば官軍?)は主催者である najirane の個人趣味ブログです。
どのような機関や法人にも属さない個人の主観で運営されておりますので記載の内容は私人の戯言レベルです。


免責事項


掲載されている情報から生じた損害

「FX_勝てば官軍?」上の情報に基づいて行われた取引によって、読者に生じたいかなる損害についても「FX_勝てば官軍?」は補償いたしません。何らかのお取引を行われる際にはご自身の判断と責任において行っていただけるようお願い申し上げます。

書き込み内容の保証

「FX_勝てば官軍?」は、掲載された記事やレビューの内容、画像に関していかなる保証もいたしません。皆様のご判断でご利用ください。また、掲載された書き込み内容、画像によって生じた損害や、読者同士のトラブル等に対し、「FX_勝てば官軍?」は一切の補償および関与をいたしませんので、予めご了承下さい。

リンク先の保証

「FX_勝てば官軍?」は、読者コメントや外部トラックバックによってリンクされたホームページやサイトに関して、いかなる保証もいたしません。皆様のご判断でご利用ください。また、リンク先で生じた損害や、読者同士のトラブル等に対し、「FX_勝てば官軍?」は一切の補償および関与をいたしませんので、予めご了承下さい。

※コメント、トラックバックの削除

「FX_勝てば官軍?」は、読者からの自己責任に基づく書込み(コメント/トラックバック)について、読者の皆様に快適にご利用いただくため、下記に該当・類似する書き込み・画像が発見された場合、それら書き込みを削除もしくは拒絶する場合があります。
なお、削除対象に該当するか否かは、全て「FX_勝てば官軍?」が判断いたします。

  1. 「必ず儲かる」ようなFX商材への誘導
  2. 「パチンコ/パチスロ」のような脱法的賭博への誘導
  3. 不正な方法で利益を生む、もしくは隠匿する手法の紹介
  4. 「R指定モノ」等、公の場での公言をはばかる内容のもの
  5. 法令に反する、または犯罪行為や重大な危険行為に結びついたり、
    あるいは助長・扇動し公共の福祉に反する行為への誘導
  6. 記事に対する誤記の指摘や追加情報等の建設的なディスカッションではなく
    記事の主旨に直接関連しない誹謗・中傷・揶揄等の荒らし目的のもの。
  7. その他、「FX_勝てば官軍?」の趣旨と関係ないもの。

アフィリエイトリンクについて


当ブログでは、記事中/サイドバー等にアフィリエイトリンクを設定しております。
もし当ブログの記事等がそれらの採用判断に有益だった場合は
何かしらのアクション(サイト参照等のクリック)をお願いできれば幸いです。

超絶的スキャル手法で有名な某FXブロガーのサイトにおいて
「アフィリエイトリンクが無いことが真摯なブログサイトの証であり
アフィリエイトリンクを置いてあるブログサイトはただの金の亡者」
と言った記述がありましたが、私はそうは思いません。

置かない事で商売っ気がない様に装い、
確実に利益につながるとは限らない胡散臭いセミナーに誘導したり
得体の知れない新興投資ファンドに参加して集客を測ることと、
自らもトレードを行うブロガーが自己のブログ上でアフィリエイトを行うこと。
一体どのくらいの差があるというのでしょうか?

むしろ、自身で使ってみて有益と思ったからこそ置いてあるアフィリエイトや
商品紹介の方がよほどユーザーの利益になるのではないでしょうか?
指標類や過去の値動き分析で有名なブロガーのサイトにも
多量のアフィリエイトがありますが、あれらは確実に御自身で検証しています。
だからこそ、私でさえ安心してそれらリンクを叩けます。

当該某有名スキャルピングFXブロガー流の言い方を借りるなら
「当ブログには、少なくともインチキFX商材や手品またはFF商法のようなセミナーへのリンクはありません」


2 Comments

  1. Shigenori Yamanouchi
    2015年12月6日 @ 14:23

    EUR/USDを主体に取引していますが、私は当日のOpen-PuriceLineとPivot-Levelとの関係での売買手法に関心があり、Pivotにも様々な物があるようです。その様々なPivotについて検索する中で当ブログを拝見いたしました。勝てば官軍。なるほど・・・と思います。宜しくお願いいたします。

    Reply

    • najirane
      2015年12月6日 @ 16:24

      Yamanouchi さん
      お越しいただき有り難うございます。PIVOTは転換点と言う意味合いが強いですが、何が転換するのかと言えば待つとか諦めるとか切り替えるとかですよね。その見極めの度合いの最頻値とか中央値とか(←この辺も手法により採用値が異なる)からアタリを付けることが出来るモノサシとして最も理にかなっているのがPIVOTという考え方かな?と私は思います。
      何をどう講釈したところで誰かが(待ち値に来たと)売り買いしないことには値は動かないわけですからね。では、今後ともよろしくお願いいたします。

      Reply

Leave a Reply

*