CFTC IMMポジション(11/26付集計-12/2順延公開分)

 

Release Schedule   CFTC先週は感謝祭を含む週だったため11/26付集計は本来の11/29公開ではなく12/2に予定順延されての公開となっております。
先週のドル円は途中押されはしたものの一貫しての上昇基調となり、5月以来久々の102円台での週引けとなりました。
また、今週に入ってからですが早々に103円もクリアされ年内どこまで上進するか注目されています。

11/26付IMM集計、対円では反転のロング増・4週連続のショート増の双方増となり、売り越しは歴代でも19位となる2007年7月17日以来6年5ヶ月ぶりの12万枚台・売買計も本年4月に次ぐ17万枚台へ増化。 対ユーロは5週連続のロング減・2週連続のショート増となり、17週ぶりに売り越しに転換・売買計は微減。

なお、IMM全体においては、ショート寄りから再び反転もしくは拡大に向かおうとしております。

CFTC IMMポジション(11/19付集計-11/22公表分) 資料を PDF(計5p)でダウンロード → IMM_20131126.pdf

IMM_20131126_P1■資料PDF内容

・P1 対円投機筋 ロング・ショートの枚数とその増減/売越し(買越し)の枚数のその増減/売買計とその増減/集計時(火曜)終値/参考値(金曜終値)

・P2 対ユーロ投機筋 ロング・ショートの枚数とその増減/売越し(買越し)の枚数のその増減/売買計とその増減/集計時(火曜)終値/参考値(金曜終値)

・P3 CFTC IMMポジションに管掌される8通貨の投機筋 ロング・ショートの枚数/売越し(買越し)の枚数

・P4 対円投機筋+実需筋 ロング・ショートの枚数/売越し(買越し)の枚数/売買計/集計時(火曜)終値/参考値(金曜終値)

・P5 対ユーロ投機筋+実需筋 ロング・ショートの枚数/売越し(買越し)の枚数/売買計/集計時(火曜)終値/参考値(金曜終値)

IMM_20131126_P3※CFTC IMMポジションとは米商品先物取引委員会(CFTC)に全米の各取引所から報告された、International Monetary Market 通貨先物取組を集計したもので、毎週火曜日のNYクローズ時点での集計が金曜日のNYクローズ後(日本時間では土曜日早朝)に公表されます。
データ参照先:CFTC Historical Compressed

※IMMポジションは市場全体の動きではなく、あくまでCFTCに報告された数字だけであり、投機筋/実需筋という分け方も便宜的なものです、また、あくまで過去指標として為替の価格変動を後追いするだけの物であり、将来の価格変動を予測出来る材料ではないと言うことは否めませんが、現状の貿易収支や政治経済情勢を勘案し、過去の動向などに照らし合わせることにより、相場のファンダメンタル=特に市場の方向性や過熱感、いわば潮目として認識したり、相場のダイナミズムを数字から可視化していくことで大局観・相場観を得る事には有効です。

CFTC IMMポジション(11/19付集計-11/22公表分) 資料を PDF(計5p)でダウンロード → IMM_20131126.pdf

 

↓ ↓ お役に立ちましたらこちらもよろしくお願いします ↓ ↓
FX・為替 人気ブログランキング FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング にほんブログ村 為替ブログ
デマークのチャート分析テクニック―マーケットの転換点を的確につかむ方法
30年勝ち続けたプロが教えるシンプルFX
FXファンダメンタルズの読み方・使い方 3倍儲かる指標分析術
トレーダーズショップ 先月の投資関連書/投資DVD 月間総合ランキング